デジタルカメラ、使っていますか? 写真はたくさん撮るようになりましたが、デジカメで撮るか、というと、それよりはスマホで、という人が多いんじゃないかと思います。 自分の場合は、デジタル一眼レフか、スマホか、それとも防水デジカメか、という感じで使い分けます。画質を求める時は、多少重くてもデジタル一眼。それ以外の時は基本的にスマホ。水辺・水中の時は防水デジカメ、という感じでしたが、防水デジカメもアクションカムに取って代わられて、いわゆるコンパクトデジカメはどんどん居場所がなくなっています。

コンパクトデジカメにも、一眼レフほどではないけどたくさんのレンズを使ったズームやマクロ、連写などの特徴はあるんですけど、ズームやマクロを追求するとどうしてもレンズ枚数が増えてしまって、重くなる。でも、そこを省略して軽くしようとすると、どんどんスマホのカメラに近づいてしまう、という感じで、なかなか難しいなぁ、と思うわけです。レンズスタイルカメラなんかはそこに対する一つの答えかな、と思うんですが、あれはあれで単体でも使えるので、結局普通のコンパクトデジカメに比べてメリットを出せていない感じがします。光学ズームが欲しいわけじゃなくて、強力なフラッシュと速い起動時間とAFが欲しいだけなんだけどなぁ...iPhone6SはダブルLEDフラッシュになるとかいう噂もありますね。

さて、そのコンパクトデジカメは、最近「いかにスマホに画像を素早く手軽に転送するか」という方向の改良が繰り返されているような気がするんですが、その方向性の進化を一気にかすめてしまうようなものがでてしまいました。 それがTransferJetです。数年前からメモリースティック には搭載されていたようなんですが、メモリースティックじゃねぇ...という感じでしたが、今回ついにSDカード版が出たということです。

デジカメ本体の機能に頼らず、画像をPCやスマホに転送する、といえば、Eye-Fi, FlashAir, iUSBPort などなど、いろいろあったわけですが、Wi-Fiは基本的にはインターネットにつなぐのに使っているわけで、それを一度切ってカメラにつないで、転送が終わったら今度はまたネットにつなぐ、という手順はどうしても避けられず、いろいろ面倒だったわけです。Bluetooth LEを併用して常時接続しておくことで、転送を自動にするというのもちょうど出てきたところで、それにも惹かれたのですが、TransferJetのインパクトは想像以上でした。 動画を撮ってみたのでご覧ください。

4-5MBある画像ファイルが、まさに一瞬で転送されているのがわかります。近接専用通信なので、ペアリングもなく、すぐに転送が開始されていますね。今のところ、スマホ側に専用アダプタをつける必要はありますが、それさえあればほとんど何も考えずに、一瞬でデジカメの中に入っている撮影画像を、SDカードをカメラに入れたままで転送することができます。
これさえあれば、一眼レフで撮った画像も、すぐスマホに転送して共有できる、というわけです。やっぱりカメラは自撮りとか補正とか共有の機能よりも、画質で勝負!

しかし、このTransferJetといい、Wi-SUNといい、Bluetooth+Wi-Fi+NFCに加わる新しい無線通信が普及期に入ってきた、というのはとてもワクワクしますね。